ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 91歳、朗らかに健康酢作り 創業120年、淡路の醸造所

地域発

91歳、朗らかに健康酢作り 創業120年、淡路の醸造所

2020.01.30
  • 印刷
自慢の健康酢を持つ小林俊隆さん。自身の健康が逸品を生み出す=淡路市草香

自慢の健康酢を持つ小林俊隆さん。自身の健康が逸品を生み出す=淡路市草香

 淡路島(兵庫県)中部の西海岸に近い山あいに、創業120年を超える小林酢製造所(淡路市草香)がある。代表を務めるのは、91歳で元教師の小林俊隆さん。定年退職後に家業を継ぎ、阪神・淡路大震災で被害を受けながら、昔ながらの手作業で酢の製造を続けてきた。蜂蜜などを材料に、栄養と自然の恵みたっぷりの逸品は、多くの人に愛されている。(佐藤健介)

 学徒動員で勉強もままならない戦時中から教師を志し、自主学習で目標の職に就いた。島内の小中学校で約40年間教壇に立ち、校長も務めた。淡路出身の作詞家、故阿久悠さんも教え子の一人。専門は理科。柔道の有段者で、バスケットボールで国体に出場した経験を持つ。2017年には高齢者叙勲で瑞宝双光章も受けた。