ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 “隠れた名産”人気上昇 佐用に黒枝豆の季節到来

地域発

“隠れた名産”人気上昇 佐用に黒枝豆の季節到来

2020.10.14
  • 印刷
真盛産の丹波黒枝豆。今年も大きく実った=佐用町真盛

真盛産の丹波黒枝豆。今年も大きく実った=佐用町真盛

 兵庫県佐用町の真盛(さねもり)地域で栽培される「真盛産丹波黒」の枝豆が収穫期を迎えている。丹波黒といえば本場の丹波篠山市のイメージが強いが、同市と気候がよく似た佐用でも、大粒で濃厚な味わいの実ができる。かつては佐用の“隠れた名産”だったが、年々人気を増し、国道373号沿いの直売テントには今年も多くのファンが訪れている。

 同地域では1984年から黒大豆を栽培。現在は真盛営農組合の11軒の農家が、丹波黒栽培部として2・4ヘクタールの畑で育てている。さらに今年は、県が丹波黒を改良した品種「ひかり姫」も栽培、販売している。