ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 商業地30年連続下落 淡路島の公示地価 不動産鑑定士に現状など聞く

地域発

商業地30年連続下落 淡路島の公示地価 不動産鑑定士に現状など聞く

2021.03.24
  • 印刷
商業地の下げ幅が自治体別で最も大きかった洲本市の中心地=洲本市本町5

商業地の下げ幅が自治体別で最も大きかった洲本市の中心地=洲本市本町5

 23日に発表された兵庫県内の今年1月1日時点の公示地価によると、淡路地域(淡路島内)の商業地は、調査対象となっている9地点の平均価格が1平方メートル当たり5万8千円で、前年からの変動率はマイナス3・4%だった。下落は30年連続となった。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。