ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 阪神南、住宅地9年ぶり下落 コロナ渦の先行き不透明影響か

地域発

阪神南、住宅地9年ぶり下落 コロナ渦の先行き不透明影響か

2021.03.24
  • 印刷
神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 国土交通省は23日に公示地価(今年1月1日現在)を発表した。利便性の良さや閑静な住宅街が人気の兵庫県・阪神南地域(尼崎市、西宮市、芦屋市)でも新型コロナウイルス感染拡大の影響は免れず、住宅地はマイナス0・1%と9年ぶりに下落した。専門家は「お値頃感のある阪神北部に比べて南部は高額物件が多く、富裕層は購入を急がない分、買い控えが起きやすい」とみる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。