ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 日本一の酒米産地をPR「山田錦」をシンボルに 三木市など構想

地域発

日本一の酒米産地をPR「山田錦」をシンボルに 三木市など構想

2021.04.17
  • 印刷
神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 日本一の酒米産地、兵庫県三木市吉川町で「山田錦」をまちづくりのシンボルにする構想が進んでいる。市や吉川町商工会などは、現在「山田錦の館」や吉川温泉「よかたん」がある「山田錦の郷(さと)」(同町吉安)の再整備を検討。周辺を町の中核と捉え、道の駅レベルにまで整備する計画を練っている。山田錦関連のショップやミュージアムを充実させるほか、付近に観光農園を設ける案もあり、地元では「人を呼び込める施設に」と、期待を膨らませている。(篠原拓真)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。