ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 アイガモ“お仕事はじめ” 100羽が田んぼで元気よく

地域発

アイガモ“お仕事はじめ” 100羽が田んぼで元気よく

2021.06.06
  • 印刷
田んぼに放されたアイガモのひなたち。一羽が動き出すと「ピイピイ」と鳴きながら一斉に後を追う=養父市大屋町蔵垣

田んぼに放されたアイガモのひなたち。一羽が動き出すと「ピイピイ」と鳴きながら一斉に後を追う=養父市大屋町蔵垣

 5日は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」。稲や麦など穀物の種をまく頃とされる。兵庫県養父市大屋町蔵垣では梅雨の晴れ間が広がる中、アイガモのひなが田んぼに放たれた。生後約1週間の約100羽が早速、「ピイピイ」と鳴きながら動き回った。

 アイガモ農法を手掛けるのは「わはは牧場」を経営する上垣康成さん(55)。アイガモは害虫を食べ、動き回るので雑草が生えない。ふんは肥料にもなる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。