ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 競走馬を活用し純米大吟醸「勝利馬」 小西酒造が立命館大と開発

地域発

競走馬を活用し純米大吟醸「勝利馬」 小西酒造が立命館大と開発

2021.06.09
  • 印刷
競走馬の有機堆肥を活用した清酒「勝利馬」

競走馬の有機堆肥を活用した清酒「勝利馬」

 ウマい清酒ができました-。競走馬の馬ふんでできた堆肥で育てた米を原料にした純米大吟醸「勝利馬」を、兵庫県伊丹市の酒造会社「小西酒造」(東有岡2)が立命館大学などと協力して開発した。競走馬はドーピング検査で薬物規制が厳しいため、安全でおいしい米を有機栽培できるといい、開発担当者は「勝利馬のごとく、その名をとどろかせる銘酒になってほしい」と話す。

 米は日本酒で定番の山田錦ではなく、あえてコシヒカリを使用。特有の香りが引き立ち、やや辛口でコクがあり、化学肥料を使っていないという安心感も酔いを回らせる。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。