ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 明石海峡の連絡船発着、淡路島の玄関口ポートビル建て替えへ

地域発

明石海峡の連絡船発着、淡路島の玄関口ポートビル建て替えへ

2021.06.12
  • 印刷
新たな岩屋ポートビルの完成予想図(淡路市提供)

新たな岩屋ポートビルの完成予想図(淡路市提供)

 兵庫県淡路市は、明石海峡の連絡船が発着する「岩屋ポートビル」の老朽化に伴い、新ビルの建設概要を固めた。市は「海峡航路と陸上交通の結節点として、コンパクトな設計で利便性を高め、淡路市の玄関口にふさわしい施設にしたい」とし、現在の3分の1程度の規模にする。2022年の利用開始を目指す。

 新ビルは現在のビルの西隣に新築する。鉄骨2階建て延べ約785平方メートルにし、現在の3階建て延べ約2640平方メートルから縮小。1階には船舶会社事務所と観光案内所、土産物店が入居を予定する。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。