ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 淡路島の清酒「呑切り」 「千年一」「都美人」が出品

地域発

淡路島の清酒「呑切り」 「千年一」「都美人」が出品

2021.09.11
  • 印刷
1点ずつ丁寧に熟成度合いを確かめる鑑定官=洲本市山手1

1点ずつ丁寧に熟成度合いを確かめる鑑定官=洲本市山手1

 昨冬に仕込んだ清酒の熟成度合いなどを大阪国税局の鑑定官が確認する「呑切(のみき)り」が10日、兵庫県洲本市山手1の淡路納税協会であった。千年一酒造(淡路市久留麻)が11点、都美人酒造(南あわじ市榎列西川)が9点を出品した。

 両社でつくる淡路酒造組合が年2回、実施している。春はできたばかりの新酒を、秋は夏の間に熟成させた清酒を評価する。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。