ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 試行錯誤1年、大吟醸の酒かすで滑らかプリン 三木の和食店がテークアウト商品

地域発

試行錯誤1年、大吟醸の酒かすで滑らかプリン 三木の和食店がテークアウト商品

2021.09.11
  • 印刷
稲見酒造の酒かすと別所産の卵を使ったプリン=三木市本町3

稲見酒造の酒かすと別所産の卵を使ったプリン=三木市本町3

 兵庫県三木市本町3の和食店「川久」が、市内唯一の酒蔵稲見酒造(同市芝町)が醸造した大吟醸の酒かすと、別所産の卵を使ったプリンを販売している。新型コロナウイルス禍で苦しむ農家や酒蔵への応援の思いを込め、持ち帰りテークアウト商品として企画。1年間の試行錯誤の末、素材の香りや滑らかな食感を生かしたスイーツに仕上げた。(長沢伸一)

 川久は1964年にすし店として創業。9年前の2012年に和食店としてリニューアルした。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。