ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 「かまくらレストラン」で但馬ビーフ、BBQで堪能 最多61部位、希少部位を食べ比べ

地域発

「かまくらレストラン」で但馬ビーフ、BBQで堪能 最多61部位、希少部位を食べ比べ

2022.01.17
  • 印刷
但馬ビーフのバーベキューを味わえる「かまくらレストラン」(2021年1月、たじま高原植物園提供)

但馬ビーフのバーベキューを味わえる「かまくらレストラン」(2021年1月、たじま高原植物園提供)

 兵庫県香美町村岡区和池の「たじま高原植物園」で、冬の風物詩「かまくらレストラン」がオープンしている。雪で造ったかまくらで町産但馬ビーフのバーベキューを味わえるほか、園内で木製のかんじきを履いて、一面の銀世界を堪能しながら散歩できる体験が人気を呼んでいる。(金海隆至)

 標高約660メートルに位置する同園は、広さ約17ヘクタール。シンボル的な存在で樹齢千年を超える県指定天然記念物「和池の大カツラ」のほか、四季を通じて2千種以上の植物を観賞できる。同町の第三セクター「むらおか振興公社」が運営し、豪雪の12~3月は例年閉園していたが、初めて昨季から冬の開放に踏み切った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。