ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 香住高生が商品化、魚の缶詰が自販機に登場 コロナ禍で対面販売できず保護者が提案

地域発

香住高生が商品化、魚の缶詰が自販機に登場 コロナ禍で対面販売できず保護者が提案

2022.01.22
  • 印刷
香住高校の生徒が製造した魚の缶詰と自動販売機をPRする三浦由紀子さん=香美町香住区矢田

香住高校の生徒が製造した魚の缶詰と自動販売機をPRする三浦由紀子さん=香美町香住区矢田

 兵庫県香美町香住区矢田の香住高校近くの住宅街に、一風変わった自動販売機が登場した。同校の生徒が製造した魚の缶詰を販売するための自販機だ。新型コロナウイルスの感染拡大で、「伝統の逸品」を対面販売する機会が失われた生徒たちの励みになればと、保護者の1人が利用を提案。売れ行きは好調で思わぬ反響を呼んでいる。

 缶詰は「マグロの油漬け」(180グラム、250円)と「サバのみそ煮」(190グラム、100円)の2種類。同校海洋科学科シーフードコースの生徒たちが実習で開発し、商品化した。学校や地域の行事で販売してきたが、2020年と21年はコロナ禍でほとんど中止となり、在庫が膨らむピンチに陥ったという。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。