ひょうご経済プラスTOP 地域発一覧 食品ロス削減へ、自販機が一役買います 賞味期限迫った商品に特化し格安販売

地域発

食品ロス削減へ、自販機が一役買います 賞味期限迫った商品に特化し格安販売

2022.06.10
  • 印刷
食品の自動販売機について説明する木南武志さん=姫路市西今宿3

食品の自動販売機について説明する木南武志さん=姫路市西今宿3

 まだ食べられる食品が捨てられる「食品ロス」を抑制しようと、兵庫県姫路市の播磨講師協会が、同市西今宿3の事務所前に賞味期限が迫った食品を取り扱う自動販売機を設置した。缶詰などを定価の6割程度で販売する。代表理事の木南武志さん(46)は「食品ロス削減に向けての意識がより広がれば」と期待する。(山本 晃)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。