ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 改装で「祭り気分」前面に

キーパーソン

改装で「祭り気分」前面に

姫路の自然派食品店「城丸屋」・眞島俊夫代表

2018.02.08
  • 印刷
姫路の自然派食品店「城丸屋」・眞島俊夫代表(左)

姫路の自然派食品店「城丸屋」・眞島俊夫代表(左)

 兵庫県姫路市の野里商店街にある自然派食品店「城丸屋」が品目を増やして、このほど改装オープンした。祭りの雰囲気を楽しんでもらおうと、店内にちょうちんを飾り、縁日でおなじみのたこ焼き、唐揚げなどを提供し始めた。

 2015年に開業し、ココナツオイルや大豆を使った洋菓子、ハンバーグ、スープなどを販売してきた。今回の品ぞろえ強化で特に力を入れたのがカレーライス。ルーには「西洋のだし」といわれ、あめ色になるまで炒めたタマネギを使う。代表の眞島俊夫さん(45)は「ご飯の量とルーの辛さで何十通りもの組み合わせが味わえる」とPRする。