ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 「化学の職人」輝く会社に

キーパーソン

「化学の職人」輝く会社に

神戸天然物化学・宮内仁志社長

2018.09.08
  • 印刷
神戸天然物化学・宮内仁志社長

神戸天然物化学・宮内仁志社長

 「二人三脚でこの会社を経営してきたパートナー」。5月、大阪市内であったトップ交代会見で、前任の広瀬克利氏(76)にこう紹介された。報道陣を前に「今後も『発展』を掲げて経営してほしい」と、公式にバトンを託された。

 2人の出会いは、45年前にさかのぼる。島根県内の高校を卒業後に入社した神戸市内の化学メーカーで、配属部署の上司が広瀬氏だった。一緒に働くうちに「化合物の合成に関する幅広いニーズに応えよう」と意気投合。別の同僚1人を加えた3人で、化合物の研究を請け負う神戸天然物化学を立ち上げた。