ひょうご経済プラスTOP キーパーソン うちの豆で神戸に元気

キーパーソン

うちの豆で神戸に元気

有馬芳香堂・有馬英一社長

2019.02.08
  • 印刷
有馬芳香堂・有馬英一社長

有馬芳香堂・有馬英一社長

 1921(大正10)年、神戸で創業した豆菓子メーカーの有馬芳香堂(兵庫県稲美町)。節分の3日、スカイマーク(東京)と組み、神戸空港のほか、国内4空港の神戸便搭乗口で福豆を配った。社長の有馬英一氏(64)は「うちの豆で神戸を盛り上げられたらと」。

 飛行機と神戸の街のイラストが入った10グラムの小袋を特製し、気合は十分。神戸空港では、午前11時から午後7時ごろまで1700袋を配る計画だったが、日曜の人出で3時ごろには品切れ。予想を上回る人気にうれしい悲鳴を上げた。「もうすぐ創業100年。地元との連携を増やしたい」(佐伯竜一)