ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 配送の最適化が次の課題

キーパーソン

配送の最適化が次の課題

MonotaRO・鈴木雅哉社長

2019.02.15
  • 印刷
MonotaROの鈴木雅哉社長(同社提供)

MonotaROの鈴木雅哉社長(同社提供)

 2018年12月期連結決算で、売上高が初めて1千億円を超えた工具インターネット通販最大手のMonotaRO(モノタロウ、兵庫県尼崎市)。鈴木雅哉社長(43)は「規模が大きくなることで、新たな課題が発生している」と指摘する。

 届ける商品が年間1千万個を超えて顧客も拡大したが、物流費の上昇や、1回で7千円以上を購入した当月の送料を一律無料にするサービスを導入した結果、配送コストの比率が高まっているという。