ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 「豊岡鞄」を海外展開

キーパーソン

「豊岡鞄」を海外展開

マスミ鞄嚢・植村賢仁社長

2019.04.12
  • 印刷
地域ブランド「豊岡鞄」の知名度向上に取り組むマスミ鞄嚢社長の植村賢仁氏=神戸市中央区伊藤町

地域ブランド「豊岡鞄」の知名度向上に取り組むマスミ鞄嚢社長の植村賢仁氏=神戸市中央区伊藤町

 「東京五輪・パラリンピックに合わせ、地域ブランド『豊岡鞄』の海外展開を本格化させる」と話すのは、かばんメーカー、マスミ鞄嚢(兵庫県豊岡市)社長の植村賢仁氏(54)。国内の人口減少や貿易自由化を見据え、産業活性化の種をまく。

 同社など地元メーカー16社でつくる合同会社は昨秋、東京駅前に豊岡鞄初の旗艦店を開業。五輪観戦に訪れる外国人へのPRも狙う。今年3月には香港の展示会に初出展し、アジアをターゲットとする海外進出の第一歩を踏み出した。