ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 神戸空港に国際線を

キーパーソン

神戸空港に国際線を

キムラタン・浅川岳彦社長

2019.05.16
  • 印刷
キムラタン・浅川岳彦社長

キムラタン・浅川岳彦社長

 関西、大阪(伊丹)、神戸の3空港の役割分担を話し合う「関西3空港懇談会」がこのほど開かれ、神戸空港の運用時間を午後10時から1時間延長することなどで合意した。子ども服メーカー、キムラタン(神戸市中央区)社長の浅川岳彦氏(55)は「海上空港という立地を考えれば、もっと思い切った緩和があっていいのでは」と指摘する。

 「大阪都構想」や明石市の子育て支援策など近隣自治体が注目される中、「神戸の空洞化が進んでいる」と感じる。訪日外国人客の取り込みも京都、大阪に見劣りしており、「一日も早く国際線就航を実現して」と訴えた。(中務庸子)