ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 生き残りへ事業拡大

キーパーソン

生き残りへ事業拡大

KHC・渡辺喜夫社長

2019.06.01
  • 印刷
兵庫県南部が地盤の住宅メーカーの持ち株会社KHCの渡辺喜夫社長。3月に東証2部に上場し事業拡大を狙う=明石市花園町

兵庫県南部が地盤の住宅メーカーの持ち株会社KHCの渡辺喜夫社長。3月に東証2部に上場し事業拡大を狙う=明石市花園町

 住宅建築・設計など5社を擁する持ち株会社のKHC(明石市)が3月、東京証券取引所第2部に新規上場した。人口減で競争が激化する中、同社社長で事業子会社のトップも兼ねる渡辺喜夫氏(48)は「ニーズの多様化に対応できないメーカーは淘汰されていく。生き残るためには事業拡大が不可欠だ」と語る。(中務庸子)

 -新規上場の狙いは。