ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 柿渋ボディーソープ500万本突破

キーパーソン

柿渋ボディーソープ500万本突破

渋谷油脂・渋谷禎彦社長

2019.08.23
  • 印刷
渋谷油脂・渋谷禎彦社長

渋谷油脂・渋谷禎彦社長

 7月、渋谷油脂(神戸市中央区)の「薬用柿渋(かきしぶ)ボディーソープ」が、詰め替え用を含む累計販売数で500万本を突破した。社長の渋谷禎彦(よしひこ)さん(59)は「発売から約10年。じわじわと品質が認められロングセラー商品に育った」と話す。

 柿渋の効能が注目され始めた2010年に販売を始めた。消臭効果をうたうため、成分の配合を工夫するなどして医薬部外品の認定も受けた。