ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 地域で選ばれる存在に

キーパーソン

地域で選ばれる存在に

はりま電力企画推進室・三井健太さん

2019.08.28
  • 印刷
はりま電力企画推進室・三井健太さん

はりま電力企画推進室・三井健太さん

 新電力の「はりま電力」(兵庫県姫路市)は「電気の地産地消」を掲げ、関西各地で顧客を拡大する。企画推進室課長の三井健太さん(31)は「ずっと応援してもらえるように」と、地域に根ざしたサービスの展開に知恵を絞る。

 LPガスや不動産を販売するダイワ(同)が2015年に設立した。「地産」は再生可能エネルギーの買い取りで、固定価格制度の期限が切れる家庭に新プランを打ち出す。「地消」はガスとのセット割引などが支持され、1万数千キロワットを供給している。グループには、資産管理・相続▽防犯▽介護-など高齢化社会を物語る相談が増えている。地域密着のネットワークやきめ細かいサービスを生かし、電力でも貢献できないか模索する。