ひょうご経済プラスTOP キーパーソン バイオマス発電 運営注力

キーパーソン

バイオマス発電 運営注力

タクマ・南條博昭社長

2019.12.18
  • 印刷
タクマ・南條博昭社長

タクマ・南條博昭社長

 バイオマス発電所の建設が好調だ。再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度を追い風に納入数は国内最多。「バイオマスボイラーの知見とごみ処理施設で得た運営のノウハウを合わせ、バイオマス発電所の運転・維持管理(O&M)事業を展開したい」と語る。

 O&Mに注力する背景には、バイオマス燃料を扱う木材や製紙会社以外からの引き合い増加がある。「ノウハウを持たない顧客には運営を含めて任せたいとのニーズがある。期待にしっかり応えたい」と力を込める。