ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 開発主導のタイヤが受賞            

キーパーソン

開発主導のタイヤが受賞            

住友ゴム工業第一技術部・岡田崇史さん

2020.10.03
  • 印刷
住友ゴム工業第一技術部・岡田崇史さん

住友ゴム工業第一技術部・岡田崇史さん

 住友ゴム工業(神戸市中央区)の最上級タイヤ「VEURO(ビューロ)VE304」が、自動車用品対象の「用品大賞2020」でグランプリに輝いた。開発を率いた第一技術部課長の岡田崇史さん(38)は、「自分にとって代表作。苦労した分、達成感も強い」と喜ぶ。

 高い静粛性に加え、同社の次世代技術「スマートタイヤコンセプト」の性能持続技術を搭載した。ゴムの劣化を防ぐ新素材や波打った形状の溝を採用し、ぬれた路面でのブレーキ性能を長続きさせる。監修を依頼したカーデザイナーと議論し、上質な外観に仕上げた。