ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 充実支援で地域支える

キーパーソン

充実支援で地域支える

日本政策金融公庫・佐合達矢特別参与

2020.12.16
  • 印刷
日本政策金融公庫・佐合達矢特別参与

日本政策金融公庫・佐合達矢特別参与

 新型コロナウイルス禍で、融資返済の優先順位が低く、資本金に近い「劣後ローン」などに力を入れる日本政策金融公庫。国民生活事業本部特別参与の佐合達矢氏(52)は「兵庫県内でも利用が広がっているようだ」と手応えを口にする。

 前職の内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局参事官時代は、地方商店街の活性化などに取り組んだ。地方創生の重要性を肌で感じ、創業や事業承継、社会的課題を解決する「ソーシャルビジネス」の支援を急ぐ。「兵庫には多様な文化やネットワークがある。民間金融機関との連携、役割分担を通して地域を支えたい」(佐伯竜一)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。