ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 苦しい時こそ笑顔

キーパーソン

苦しい時こそ笑顔

神戸製鋼所・小椋大輔執行役員

2021.04.15
  • 印刷
神戸製鋼所・小椋大輔執行役員

神戸製鋼所・小椋大輔執行役員

 「日に日に活力を失っていく従業員の表情が忘れられない」と話すのは、神戸製鋼所(神戸市中央区)の執行役員に就いた小椋大輔氏(52)。2017年の品質データ改ざん発覚時、加古川製鉄所で品質点検に取り組み、二度と同じ失敗をしてはいけないと誓ったという。

 品質保証や環境防災などを担当する。事件から3年余りたち、再発防止策の成果は上がってきたが「お客さま目線の信頼回復は道半ば」と気を引き締める。「苦しいときこそ笑顔」が信条。不祥事からの再出発は苦しいことが多いが、「目標に向け、みんなで前を向いて取り組もう」と笑いかける。(森 信弘)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。