ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 規制緩和で選択肢増

キーパーソン

規制緩和で選択肢増

前金融庁地域金融企画室長・日下智晴氏

2021.10.06
  • 印刷

 地方銀行や信用金庫、信用組合など地域金融機関の機能強化に向け、金融庁は2015年秋に地域金融企画室を新設した。初代室長として、金融機関とコミュニケーションを取りながら規制緩和などの改革を次々に進めたのが、広島銀行の幹部から同庁に移った日下智晴氏(60)だ。「改革目標の達成率は150%。あとは金融機関がどう取り組むか」。今年9月末に定年退職を迎え、6年間の取り組みと今後の地域金融に対する期待を聞いた。(高見雄樹)

 -就任から6年。地域金融の改革はどれだけ進んだのか。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。