ひょうご経済プラスTOP キーパーソン 省資源の価値を提案

キーパーソン

省資源の価値を提案

奥谷金網製作所・奥谷智彦社長

2022.07.01
  • 印刷
奥谷金網製作所・奥谷智彦社長

奥谷金網製作所・奥谷智彦社長

 「SDGs(持続可能な開発目標)が掲げる省資源の価値を提案したい」と話すのは、奥谷金網製作所(神戸市中央区)社長の奥谷智彦氏(52)。食品、医薬品などの生産設備に用いる高機能ステンレス鋼製ろ過器を、国内最大級の専門商社NSステンレス(東京)と開発した。

 一般のステンレス鋼に比べ約2倍の強度を持ち、耐摩耗性や耐食性に優れ、交換頻度を減らせる。ニッケルやモリブデンなどレアメタル(希少金属)の使用量が少なく、原料高の影響も受けにくい。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。