連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

生活情報 姫路

  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、兵庫県姫路市は20日から5月6日まで、出先事務所7カ所を閉鎖する。市職員の出勤削減に伴う対応で、来所人数や地域事情を勘案して決めたという。

 市は今月14日、独自の緊急事態宣言を出し、出勤する職員の「8割削減」を目標に掲げた。各部署で在宅勤務や時差出勤を導入しているが、2人勤務の出先事務所では対応が難しいため一部閉鎖を決めたという。

 対象となるのは、出張所2カ所とサービスセンター5カ所=表。市は、近隣の事務所などで窓口業務を受け付けるとし、閉所事務所の職員は開所施設で勤務する。

 週末も含め午後7時半まで開所していた飾磨支所(姫路市飾磨区細江)については、月曜と金曜を除いて閉所時刻を午後5時20分とし、5月2~4日は終日閉鎖する。

 市の出先事務所では、駅前市役所(同市南町)が山陽百貨店の臨時休業(食品売り場を除く)に伴い今月8日から閉鎖されている。

(小川 晶)

2020/4/18
1  2  >

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ