連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
兵庫県の井戸敏三知事(資料写真)
拡大

兵庫県の井戸敏三知事(資料写真)

兵庫県の井戸敏三知事(資料写真)

兵庫県の井戸敏三知事(資料写真)

 大阪府の動きを、隣の兵庫県も注視する。大阪府が外出自粛要請や休業要請の緩和に踏み切った後、再び感染者が増加した場合、通勤などで人が行き来する兵庫県でも感染者が増えるなどの影響が予想されるためだ。同県の井戸敏三知事も、感染者や医療体制の状況を踏まえた「出口戦略」を検討すると表明しているが、同時に、関西での連携の必要性を指摘する。

 井戸知事は、緊急事態宣言の延長を受けた4日の記者会見で、感染者や医療体制の状況を踏まえながら、休業要請などの措置を見直していく考えを表明。一方で、兵庫と同じ「特定警戒都道府県」に指定されている大阪府、京都府との連携の必要性を強調し、「兵庫の独自措置というより、3府県で考えることになる」とした。

 また「兵庫が(緩和策で大阪よりも)先行し、大阪から一気に人が流入しても困る。(独自基準を打ち出す)大阪との関連はよく調整する」とも述べた。(井関 徹)

2020/5/6
1  2  3  4  5  >

天気(9月29日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ