連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
緊急事態宣言が延長され、大型連休が明けて職場へ向かう人々。宣言前と比べて少なく見えた=7日午前9時9分、神戸市中央区(撮影・鈴木雅之) 笹嶋准教授の研究室で行われたオンライン授業=7日午後、神戸市西区学園西町8(撮影・辰巳直之) 営業を再開し、浴室の手入れをする旅館の従業員=7日午後、神戸市北区の温泉旅館「陶泉御所坊」(撮影・中西幸大)
拡大

緊急事態宣言が延長され、大型連休が明けて職場へ向かう人々。宣言前と比べて少なく見えた=7日午前9時9分、神戸市中央区(撮影・鈴木雅之)

笹嶋准教授の研究室で行われたオンライン授業=7日午後、神戸市西区学園西町8(撮影・辰巳直之)

営業を再開し、浴室の手入れをする旅館の従業員=7日午後、神戸市北区の温泉旅館「陶泉御所坊」(撮影・中西幸大)

  • 緊急事態宣言が延長され、大型連休が明けて職場へ向かう人々。宣言前と比べて少なく見えた=7日午前9時9分、神戸市中央区(撮影・鈴木雅之)
  • 笹嶋准教授の研究室で行われたオンライン授業=7日午後、神戸市西区学園西町8(撮影・辰巳直之)
  • 営業を再開し、浴室の手入れをする旅館の従業員=7日午後、神戸市北区の温泉旅館「陶泉御所坊」(撮影・中西幸大)

緊急事態宣言が延長され、大型連休が明けて職場へ向かう人々。宣言前と比べて少なく見えた=7日午前9時9分、神戸市中央区(撮影・鈴木雅之) 笹嶋准教授の研究室で行われたオンライン授業=7日午後、神戸市西区学園西町8(撮影・辰巳直之) 営業を再開し、浴室の手入れをする旅館の従業員=7日午後、神戸市北区の温泉旅館「陶泉御所坊」(撮影・中西幸大)

緊急事態宣言が延長され、大型連休が明けて職場へ向かう人々。宣言前と比べて少なく見えた=7日午前9時9分、神戸市中央区(撮影・鈴木雅之)

笹嶋准教授の研究室で行われたオンライン授業=7日午後、神戸市西区学園西町8(撮影・辰巳直之)

営業を再開し、浴室の手入れをする旅館の従業員=7日午後、神戸市北区の温泉旅館「陶泉御所坊」(撮影・中西幸大)

  • 緊急事態宣言が延長され、大型連休が明けて職場へ向かう人々。宣言前と比べて少なく見えた=7日午前9時9分、神戸市中央区(撮影・鈴木雅之)
  • 笹嶋准教授の研究室で行われたオンライン授業=7日午後、神戸市西区学園西町8(撮影・辰巳直之)
  • 営業を再開し、浴室の手入れをする旅館の従業員=7日午後、神戸市北区の温泉旅館「陶泉御所坊」(撮影・中西幸大)

 大型連休明けの7日は、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言の延長初日にもなった。兵庫県内でもテレワークの導入が進み、非常時の働き方がなじみつつある一方、自粛生活に緩みの兆しも。大学では長期戦を見据えてオンライン講義が本格化している。有馬温泉では一部の旅館が営業を再開し、非常事態にあっての役割を模索している。

■県内企業

在宅勤務「無理な業務多い」

 7日朝。神戸市中央区のメーカーで事務職を務める女性(30)=同市灘区=は約10日ぶりに出勤した。テレワークが導入され、自宅で仕事をしていたが、この日は会社が今後の出社の可否を決めるため、一時的に出勤を命じられたという。

 テレワークや自宅待機が増えているからか、久々の通勤風景は「前よりかなり人が少ない」と感じた。「通勤がなくなって楽だけど、これ以上続くとだらけて元に戻れなくなりそう。自宅でできない業務も多いし、そろそろ終わりにしてほしい」と打ち明けた。

 一方、当初の緊急事態宣言の期限を終え、人々の行動に変化も見られる。

 神戸市中央区の美容院では、7日以降の予約が増えているという。コロナの感染拡大後、利用者ゼロの日もあったが、10日までに12人が散髪や染髪などを予定しているという。

 自粛が緩み始めたという見方もできるが、男性オーナー(41)は「営業を続けることに後ろめたさもあるけど、お客さんが戻ってきたことをいい兆候ととらえるしかない」と前を向いた。(西竹唯太朗)

■大学

初授業がオンライン「不安」

 神戸市西区の兵庫県立大では、7日午前から全学でオンライン授業をスタート。社会情報科学部の笹嶋宗彦准教授(50)が担当する「基礎演習」の授業では、1年生10人がWeb会議システム上の「教室」に出席。笹嶋准教授が語りかける映像が学生たちの端末に映し出され、指名された学生はスピーカーを通じて、肉声で質問に答えていった。

 初めての授業ということもあり、笹嶋准教授が授業や大学生活での困りごとなどを尋ねると、学生からは「授業によって情報の出し方がまちまちで、全て把握できているか不安」「難聴ぎみなので、オンライン授業では口元をはっきり映してほしい」といった声が上がった。

 女子学生(18)は「教科ごとに課題が出ていて、情報システムでチェックするのが大変だけど、慣れていきたい」と話した。笹嶋准教授は「新入生は入学直後で戸惑う点も多いと思うが、細やかに対応し、不安感を取り除きたい」と力を込めていた。

 大学でのオンライン授業は、関西学院大や甲南大が4月から実施し、神戸大も7日から開始した。機材や環境を整えるための支援金給付を始めた大学もある。(太中麻美)

■観光地

有馬温泉「まずは日帰りで」

 神戸市北区の有馬温泉では、大型連休中に観光目的の宿泊施設に出されていた休業要請が解除されたことを受け、営業を再開する動きが見られた。

 有馬温泉観光協会の金井啓修(ひろのぶ)会長(65)によると、同温泉街に31軒ある旅館のうち4軒が営業を部分的に再開。金井会長は「休業要請が解除されても、感染防止に最大限注意して少しずつ再開しなさい、と受け取った」と強調。「緊急事態宣言が解除されてもすぐに通常営業はできない。まずは日帰り入浴を中心に、様子を見ながら徐々に戻していきたい」と話した。

 金井会長が経営する旅館「陶泉御所坊」も営業を再開させた。フロントに透明のアクリル板を設置し、入浴時間を顧客ごとに区切るなど、さまざまな感染防止対策を講じる。

 ホテルニューアワジ(洲本市)は、淡路島内で展開する系列の計10旅館・ホテルのうち中核の「ホテルニューアワジ」のみ、7日から客室を制限して営業を再開した。残り9施設も段階的に開業し、7月の全面オープンを目指すという。(中村有沙)

2020/5/8
1  2  3  4  5  >

天気(9月29日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ