連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
自粛などの見直しや再要請の基準について説明する兵庫県の井戸敏三知事=14日午後、神戸市中央区下山手通4(撮影・吉田敦史)
拡大

自粛などの見直しや再要請の基準について説明する兵庫県の井戸敏三知事=14日午後、神戸市中央区下山手通4(撮影・吉田敦史)

自粛などの見直しや再要請の基準について説明する兵庫県の井戸敏三知事=14日午後、神戸市中央区下山手通4(撮影・吉田敦史)

自粛などの見直しや再要請の基準について説明する兵庫県の井戸敏三知事=14日午後、神戸市中央区下山手通4(撮影・吉田敦史)

 兵庫県の井戸敏三知事は14日、新型コロナウイルスの特別措置法に基づく休業要請について、独自の解除基準を公表し、16日から一部施設で解除を行う方針を明らかにした。対象は百貨店といった商業施設などに加え、時短の飲食店は午後10時まで営業時間を延ばし、大阪府が決めた対象とほぼ合わせる。県の独自基準はクリアできる見通しで、開催を15日に遅らせた対策本部会議で正式決定する。(井関 徹、藤井伸哉)

 県に対する緊急事態宣言の継続を受け、井戸知事は会見を開き、改めて県民に外出の自粛などを要請。一方で、県内の感染者数は減少傾向にあるとして「兵庫にふさわしい自粛の見直し基準と第2波に備えた基準を設定した」と述べた。

 独自の解除基準は、(1)新規感染者数の過去1週間平均が5人以下(2)重症病床(71床)の空き床数が7日間連続で40床以上-の2点。(1)が10人以上になったり、隣接する大阪府で感染者が増えたりした場合は再び休業要請を行う。

 15日の対策本部会議で解除の可否を決めるため、14日を含めて過去7日間の状況で判断。同日午後7時の段階では全ての基準を達成しており、井戸知事は休業要請の段階的な解除に言及した。

 解除の業種は、独自の「大阪モデル」に基づいて解除を決めた大阪府と調整。県境を越えた人の移動を促進しないよう、大部分の対象範囲と解除のタイミング(16日午前0時)は歩調を合わせるという。集団感染が発生した接待を伴う飲食店やライブハウスなどには自粛要請を続ける。

 一方、県立の美術館や博物館など社会教育施設は、3密(密集、密接、密閉)の回避が難しいとの理由で解除しない方針で、解除した大阪とは差が生じる見込み。県立学校の登校日を週1回程度設ける予定で、感染者がいない地域では回数を増やすなど緩和の幅を広げる可能性もある。

2020/5/14
1  2  3  4  5  >

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ