連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

生活情報 姫路

  • 印刷
臨時閉庁の案内を確認する市民ら=姫路市網干区垣内中町
拡大

臨時閉庁の案内を確認する市民ら=姫路市網干区垣内中町

臨時閉庁の案内を確認する市民ら=姫路市網干区垣内中町

臨時閉庁の案内を確認する市民ら=姫路市網干区垣内中町

 兵庫県姫路市は14日、網干支所(同市網干区垣内中町)に勤務する30代の女性職員が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。市は同日午前、支所を閉鎖して消毒を実施した。

 市によると、女性は8日に37・2度の発熱があり、9日から自宅で待機。熱が下がらなかったため13日に市保健所に相談し、14日に陽性が判明した。現在は無症状で、市内の医療機関に入院する予定という。

 女性は7、8日に出勤していたが、来庁者に対応したのは短時間だった。窓口にはビニール製のシートが設けられ、濃厚接触はなかったと市はみている。

 一方、女性の夫も本庁舎に勤める市職員で、15日から2週間出勤を取りやめて健康観察を続ける。2人の同僚らで発熱などの症状を訴えている人はいない。感染経路は不明で、会見した清元秀泰市長は「非常に残念だが、軽率な行動で感染したわけではなく、早く回復してほしい」と話した。

 一方、急きょ閉鎖された網干支所では、近隣の広畑支所を案内する紙が掲示された。マイナンバーカードに関する確認で訪れたパート女性(52)は「平日に休みが取れたので来てみたら閉まっていた。姫路では最近感染者が出ていなかったのに」と話した。

 網干支所は18日から業務を再開する予定という。(小川 晶、井沢泰斗)

2020/5/15
<  1  2  

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ