連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
姫路市役所
拡大

姫路市役所

姫路市役所

姫路市役所

 新型コロナウイルスの感染症対策として、兵庫県姫路市は市内の医療機関で出産を予定する全ての妊婦とそのパートナーらを対象に、PCR検査を実施する方針を固めた。関係者への取材で分かった。妊婦が気付かないうちに感染していた場合、新生児や医療従事者らにも広がる恐れがあるため。症状の有無にかかわらず検査することで、無症状感染者の割合などの分析にも役立てる。近く始める予定。(小川 晶)

 関係者によると、院内感染のリスクを抑えるため、入院中の妊婦に対し、家族らとの面会を制限している病院も多い。パートナーらも含めて検査することで、不安解消を図ることにした。妊婦のみの検査は京都市などが同様の方針を打ち出しているが、パートナーらも加えた制度は姫路市が全国初とみられる。

 検査の対象は、市内の産婦人科に通院している出産間際の妊婦とパートナーらで、同意を得た上で検査キットを配る。検体の回収や検査は、保健所の通常業務に影響が出ないよう民間機関への委託を活用する方向で調整している。妊婦に陽性反応が出た場合の受け入れ先の医療機関についても、既に確保のめどが付いているという。

 また市は、具体的な症状が出ていない妊婦らを対象に一定規模の検査を行えば、無症状感染者の割合を示す客観的なデータとなる点も重視。結果を積み上げ、効果的な感染予防策の展開につなげる。

 清元秀泰市長はこれまでの記者会見で「感染症対応はエビデンス(根拠)に基づく必要がある」などと強調し、無症状感染者を調べる重要性に言及していた。

2020/5/15
1  2  3  4  5  >

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ