連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
受付についたてを設置し、消毒しながら営業する小磯記念美術館=19日午前、神戸市東灘区向洋町中5(撮影・鈴木雅之)
拡大

受付についたてを設置し、消毒しながら営業する小磯記念美術館=19日午前、神戸市東灘区向洋町中5(撮影・鈴木雅之)

受付についたてを設置し、消毒しながら営業する小磯記念美術館=19日午前、神戸市東灘区向洋町中5(撮影・鈴木雅之)

受付についたてを設置し、消毒しながら営業する小磯記念美術館=19日午前、神戸市東灘区向洋町中5(撮影・鈴木雅之)

 新型コロナウイルス対策の休業要請が一部解除されたのを受け、臨時休館していた神戸市立の美術館、博物館など5館が19日、営業を再開した。だが緊急事態宣言は解除されておらず、「大声で来てほしいとはいいづらい」と関係者。ウイルス対応に悩まされる日々は続きそうだ。(堀井正純、三島大一郎)

 神戸市立小磯記念美術館(同市東灘区)は約40日ぶりのオープン。企画展「小磯・ポーズ・デッサン」がようやく開幕した。

 チケット窓口では、非接触型の体温計で職員が入館者をチェック。マスク着用や作品鑑賞時の距離の確保などを30分ごとに館内アナウンスで呼び掛けた。

 1日の観客は約30人と静かな再開。「混み合ってくれば、入場制限も考えないといけない」と担当者。兵庫県外からの不急の来館は自粛を求めている。

 同市立博物館(同市中央区)は常設展示のみを再開。多数の観客が予想される特別展「コートールド美術館展」は開幕を見合わせている。神戸ゆかりの美術館(同市東灘区)は「生誕120年 別車博資展」が1カ月以上遅れて開幕。金井紀子学芸員は「展覧会は見てもらってこそ意味がある。入場者の方の姿を見たときは、うれしくて手を合わせたくなった」と話した。

     ◇

 大丸松坂屋百貨店も19日、兵庫県内3店の営業を平日に限り全面的に再開した。土・日曜は食品売り場も含めて休業する。

 約40日ぶりの全面営業となった大丸神戸店(同市中央区)。開店前、再開を待ちわびた人が列をつくった。次女のランドセルを買いに来た神戸市灘区の会社員女性(37)は「百貨店が開いていると安心する。日常回復に向けて少し前進した気がします」とほっとした様子。担当者によると、食品フロアなど一部のみを営業していた18日と比較すると、2倍以上の人出があったという。

 21日には阪急阪神百貨店が、神戸阪急(同市中央区)など県内8店の営業を全面再開させる。

2020/5/20
1  2  3  4  5  >

天気(8月10日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ