連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 新型コロナウイルスの影響で休校が続く兵庫県立学校(高校、特別支援学校など)174校について、井戸敏三知事は緊急事態宣言が解除されれば6月1日に再開する方針を示し、県教育委員会は分散登校の方法など、感染予防対策について具体的な検討に入った。ウイルス感染への懸念がぬぐえない中、長期休校分の学習を補うため、学校生活は登下校や授業、行事など全てで見直しを迫られる。

 県立学校は、政府の一斉要請を受けた3月3日から春休みを挟んで休校中。5月18日から登校可能日を週1~2日設けている。

 井戸知事は20日、「5月31日まで宣言が延長された際の対応に沿って、6月1日に再開する方向となるだろう」としつつ、解除後も「感染者が増える兆しがあれば、地域別に再開の手法を考える可能性もある」と説明。今後の県の対策本部会議で正式に決定する。

 県教委によると、再開後も当面、学年別などの分散登校や半日授業を続け、段階的に本格再開する方針。感染予防のため、教室内では生徒同士の距離を1~2メートル離して「3密」を避け、消毒を徹底する。細かい運用内容は学校ごとに決めるが、県教委も登校方法などの具体的な事例を示す予定という。(斉藤絵美)

2020/5/20
1  2  3  4  5  >

天気(6月5日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ