連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷

 新型コロナウイルスの影響で、音楽や演劇、美術の公演や展覧会などの中止が相次いでいるため、兵庫県は、個人や団体が動画投稿サイト「ユーチューブ」や会員制交流サイト(SNS)で芸術活動を発信する際、定額5万円を補助する制度を始める。同様の制度は東京都や大阪府、鳥取県などでも広がっているという。(前川茂之)

 対象は、県内に拠点があり、1年以上の芸術文化活動歴がある個人や団体。プロ・アマは問わない。ビデオカメラや編集ソフトなど撮影に関わる経費が5万円以上かかった場合に補助する。22日から受け付け、先着順に50件程度を採択する。

 また、県芸術文化協会も県内のプロの新進・若手アーティストを対象に動画の募集を開始。同協会のホームページ(HP)で配信する。作成者には制作費として個人に9万円、グループに最大25万円を支給する。22日から先着順で30組程度を受け付ける。

 併せて、優れた舞台芸術を紹介する「県民芸術劇場事業」の登録団体からも動画を募集する。関西フィルハーモニー管弦楽団や県立ピッコロ劇団など55団体が登録しており、参加団体には制作費用25万円を支給する。動画は7月ごろから順次公開する予定。

 問い合わせは県芸術文化課がTEL078・362・3171、県芸術文化協会がTEL078・321・2002

2020/5/22
1  2  3  4  5  >

天気(6月4日)

  • 28℃
  • 21℃
  • 20%

  • 32℃
  • 16℃
  • 20%

  • 30℃
  • 21℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

お知らせ