連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
医師がロボットを遠隔操作し、PCR検査を行うイメージ(メディカロイド提供)
拡大

医師がロボットを遠隔操作し、PCR検査を行うイメージ(メディカロイド提供)

医師がロボットを遠隔操作し、PCR検査を行うイメージ(メディカロイド提供)

医師がロボットを遠隔操作し、PCR検査を行うイメージ(メディカロイド提供)

 神戸市は3日、ロボットによる新型コロナウイルス感染症の自動PCR検査を10月に始めると発表した。医療用ロボットを手掛けるメディカロイド(神戸市中央区)と連携。医師らの感染リスクを減らし、検査態勢の拡充を目指す。PCR検査へのロボ活用は国内初という。

 同社は、いずれも同市内に本社を置く、川崎重工業と医療用検査機器メーカーのシスメックスが共同出資。川重が産業用に製造する2本腕ロボ「デュアロ2」を土台にし、PCR検査システムを開発する。

 医師が遠隔操作し、患者の唾液や鼻の粘液を採取。モニター越しに話し、くしゃみなどによる飛沫感染を避ける。まず唾液から始め、鼻に採取棒を差し込む検査も国の認証が得られ次第、進める。

 採取とは別に分析作業用のロボも導入し、人手を減らして24時間稼働も可能にする。入院患者に食事や薬を届ける移動型ロボも配置するという。

 神戸市のPCR検査は現在、1日最大462件。ロボ活用に向け市は、医療機関と調整して導入先や台数を詰める。6月補正予算案に開発支援費として5千万円程度を盛り込む。

 会見したメディカロイドの橋本康彦社長は「ロボットは日本が最も得意とする産業分野の一つ。神戸発のシステムが世界中の役に立つ」と強調。神戸市は阪神・淡路大震災後、医療関連の研究機関や企業の集積に注力してきた。久元喜造市長は「20年余りの蓄積が開発につながった」と述べた。(横田良平、長尾亮太)

2020/6/3
1  2  3  4  5  >

天気(7月13日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

  • 23℃
  • 19℃
  • 70%

  • 24℃
  • 22℃
  • 70%

  • 22℃
  • 20℃
  • 80%

お知らせ