連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大

神戸市役所=神戸市中央区

神戸市役所=神戸市中央区

神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市は、新型コロナウイルスへの感染を恐れる妊婦の不安を和らげようと、妊娠中の女性にタクシー代を補助する方針を決めた。補助額は1人1万円程度を想定。電車やバスの利用を回避することで移動による感染リスクを減らし、安心して出産に臨んでもらう。外出自粛の影響で乗客減にあえぐタクシーの利用促進にもつなげる。

 市によると、市内の昨年の出生数は約1万人。補助の対象は、現在出産を控えている人だけでなく、今後妊娠する人も加える方向で、2万人程度を見込む。健診のために産婦人科に通う用途だけでなく、日々の買い物など外出全般で使えるようにする。

 具体的な補助方法や開始時期は未定だが、感染拡大の第2波に備えて、早急に制度を立ち上げる。6月補正予算案に、関連の事業費を盛り込む方針。

 タクシー業界を巡っては、感染拡大を受けた外出自粛で乗客が減り、5月には市内のタクシー会社が自己破産申請の準備に入ったことが判明している。市は、感染症への警戒などでストレスを抱えがちな妊婦をサポートするとともに、市内のタクシー事業者を支援する“一石二鳥”の効果を狙う。(初鹿野俊)

2020/6/5
1  2  3  4  5  >

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ