連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 兵庫県などは18日、今年秋と来年春に淡路島内各地で開く予定だった「淡路花博20周年記念 花みどりフェア」について、今年秋の実施を見送り、来年春と秋に変更する、と発表した。新型コロナウイルスの影響で準備に時間が取れなかったことなどが理由。今年秋は感染防止対策を講じ、屋外を中心にプレイベントを行う。

 同フェアは、淡路花博「ジャパンフローラ2000」から今年で20年となるのに合わせて企画。事業費は約8億円で、来場者目標は約400万人。井戸敏三知事を名誉会長、淡路島くにうみ協会の石村健理事長を委員長に、78団体で実行委員会を組織している。

 今年秋は9月19日から11月3日を予定していたが、実行委の審議を踏まえ、来年9月18日から10月31日に延期。内容は今後話し合う。延期の理由として、緊急事態宣言発令中にイベント実施者や出店者らが準備作業を自粛し、企画を具体化する時間が取れないことや、入場制限などを実施した場合に集客が期待できず、採算が合うよう検討する時間が必要になることなどを挙げた。

 来年春は、3月20日~5月30日と当初の日程通りに行う。今年秋のプレイベントは9月19日から11月中旬、洲本市民広場(洲本市)や淡路ファームパーク・イングランドの丘(南あわじ市)などで随時、イベントを開く。(上田勇紀)

2020/6/18
1  2  3  4  5  >

天気(8月9日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ