連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
昨年12月に開催されたマスターズマラソン(資料写真)
拡大

昨年12月に開催されたマスターズマラソン(資料写真)

昨年12月に開催されたマスターズマラソン(資料写真)

昨年12月に開催されたマスターズマラソン(資料写真)

 兵庫県三田市は1日、今年12月に開催予定だった「第32回三田国際マスターズマラソン」を中止すると発表した。会場での新型コロナウイルス感染症対策が難しい上、医療関係者の負担増につながると判断した。1989年に始まった同マラソンが中止になるのは初めて。

 市などでつくる実行委員会(会長・森哲男市長)が、同日の会合で決めた。

 昨年の同マラソンには、日本陸上競技連盟公認コースを走る「ハーフ」に4057人、2キロの「ファンラン」に430人が出場。約850人の運営スタッフが大会を支えた。

 発着地点となる有馬高校グラウンド周辺や、沿道のウッディタウンには毎年多くの市民が応援に訪れる。市は参加者やスタッフを含め、密集や密接を防ぐ有効な手段が打てないと判断。参加者やスタッフには高齢者も多く、感染リスクの観点から中止を決めた。

 大会には医師や看護師など医療従事者の協力も必要になる。コロナの第2波などが予想される中での開催は、医療関係者への負担が大きい点も考慮した。

 大会の開催費用は約2800万円。市が予定していた500万円の補助金は執行しない。マラソンは毎年12月の恒例行事で、市には毎日数件の問い合わせが入っている。(高見雄樹)

2020/7/2
1  2  3  4  5  >

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ