連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県、神戸市、西宮市などは14日、10~50代の男女9人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内では11日連続で累計748人。

 県発表分の5人は、発熱やせきなどの症状があるがいずれも軽症。丹波健康福祉事務所管内(丹波市、丹波篠山市)の20代男性は北播磨地域の感染者の濃厚接触者という。

 伊丹健康福祉事務所管内(伊丹市、川西市、猪名川町)では、10代と20代の女子学生2人、20代の男子学生1人。女子学生2人は大阪府内の患者の濃厚接触者で、男子学生は府内で行動歴がある。三田市の20代主婦は味覚障害などの症状があり、6月下旬~7月上旬に関東方面と往来した。

 西宮市は20代の男子大学生と10代の無職男性の感染を発表した。いずれも軽症。尼崎市は自営業の30代男性の感染を発表。発熱や頭痛などの症状があった。

 県内の入院患者は14日午前0時時点で前日比5人減の25人となり、すべて中等症以下という。

 神戸市では、甲南医療センター(同市東灘区)に入院中の市外在住の50代男性が感染。形成外科の治療で入院後、発熱などの症状が出た。同センターは15日から当面の間、形成外科の外来診療と入退院を停止。すべての濃厚接触者にPCR検査をする。(まとめ・佐藤健介)

2020/7/14
1  2  3  4  5  >

天気(10月22日)

  • 23℃
  • 17℃
  • 80%

  • 20℃
  • 15℃
  • 80%

  • 22℃
  • 17℃
  • 80%

  • 21℃
  • 16℃
  • 80%

お知らせ