連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

 兵庫県内で過去1週間に確認された新型コロナウイルスの感染者は17日、計75人になり、第1波のピーク(1日当たり42人)だった4月11日の直前、4月上旬並みの水準まで増えた。

 県が運用病床数などを判断する参考指標=表参照=は、過去1週間の感染者数の1日平均。県内では7月17日、男女24人の感染が確認されたことで1日平均が10・7人になり、警戒期の基準(10人以上)を超えた。4月上旬は1桁から10人台に徐々に増え、中旬に25人にまで拡大している。

 県のまとめでは、34日ぶりに感染者が確認された6月19日から7月16日までの感染者は計78人。年代別では20代の34人を筆頭に10~30代の若年層が72%を占め、地域は阪神間や神戸市など都市部が多かった。

 一方、県は第1波を上回る爆発的な患者増に備え、参考指標を4段階から5段階に変更。拡大期を2分割して感染者数の1日平均が40人以上になる「拡大期2」を設け、運用する病床数を増やした。(藤井伸哉)

2020/7/18
1  2  3  4  5  >

天気(9月19日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 10%

  • 26℃
  • 19℃
  • 20%

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

お知らせ