連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT 国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)
拡大

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT
  • 国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

神戸新聞NEXT 神戸新聞NEXT 国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

神戸新聞NEXT

神戸新聞NEXT

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

  • 神戸新聞NEXT
  • 神戸新聞NEXT
  • 国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県内では28日、新たに10~80代の男女33人の新型コロナウイルス感染が確認された。30人以上の感染確認は2日ぶりで、緊急事態宣言解除後では4度目。県内感染者の累計は1059人となった。過去1週間の新規感染者の1日平均は29・4人となり、29日に34人以上が確認されると、県の独自基準で現行の「増加期」(平均20人以上)から「拡大期1」(同30人以上)に達する。

 年代別では、10代=2人▽20代=6人▽30代=11人▽40代=6人▽50代=4人▽60代=1人▽70代=2人▽80代=1人。

 尼崎市では、20~50代の4人が感染した。うち1人は、兵庫県警有馬署刑事課の30代男性巡査部長だった。県警の感染者は16人目。50代女性は医療関係者で、22日まで西宮市の医療機関に勤務していた。

 西宮市では30~40代の男性3人が感染し、40代の2人は酸素吸入が必要な中等症という。併せて、西宮消防署救助隊員の30代男性(県外在住)の感染も発表した。

 神戸市では20~70代の11人の感染が確認された。明石市でも、いずれも20代の会社員2人が感染した。川西市の4人は、大阪府豊中市の会社に勤める50代男性と、10~40代の同居者3人。宝塚市に住む40代の自営業男性が中等症。

 ほかに、神戸ハーバーランドの商業施設「umie(ウミエ)」が、いずれも衣料品店の「アーバンリサーチドアーズ」と「ナノ・ユニバース」の従業員各1人の感染を公表。神戸製鋼所は、加古川製鉄所で働いていた協力会社従業員1人の感染を明らかにした。(まとめ・井川朋宏)

2020/7/28
1  2  3  4  5  >

天気(9月19日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 10%

  • 31℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ