連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
漆工芸作家の江藤雄造さんは実演を動画で流す(兵庫県芸術文化協会提供)
拡大

漆工芸作家の江藤雄造さんは実演を動画で流す(兵庫県芸術文化協会提供)

漆工芸作家の江藤雄造さんは実演を動画で流す(兵庫県芸術文化協会提供)

漆工芸作家の江藤雄造さんは実演を動画で流す(兵庫県芸術文化協会提供)

 兵庫県芸術文化協会は地元ゆかりのアーティストの作品を紹介する動画「がんばろうひょうご! つながろうアート!」を制作し、動画投稿サイト「ユーチューブ」の公式チャンネルで発信している。新型コロナウイルスの影響でコンサートや美術の鑑賞機会が減った人に、自宅で身近に楽しんでもらおうと企画。音楽演奏のほか、美術作品の創作風景などの映像を盛り込んだ。(津谷治英)

 音楽はベートーベンの楽曲演奏で知られるピアニストの崎谷明弘さん、ソプラノ歌手の内藤里美さんらクラシックのアーティスト、邦楽は和太鼓松村組らが演奏を披露。美術は現代美術の東影智裕さんのほか、洋画、陶芸、書作家が登場。その他、淡路人形座の淡路人形浄瑠璃、落語の地域寄席、日本舞踊、ダンスなど多彩な分野で、80以上の動画を集めた。

 たつの市出身の現代作曲家の薮田翔一さんは、新型コロナの収束を願ったピアノ曲「祈りの鐘」をこの動画のために創作。自ら演奏する。姫路市に工房を構える漆工芸作家の江藤雄造さんは、金魚をアクリル板に描く作品を紹介。実演を動画で流し、創作の息遣いまで伝える。

 兵庫県芸術文化協会は「兵庫ゆかりの作家を身近に感じる機会にしてほしい。苦境が続く中、芸術ファンの癒やしになれば」と話している。同協会のホームページからアクセスできる。

2020/8/25
1  2  3  4  5  >

天気(10月30日)

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 50%

  • 19℃
  • ---℃
  • 10%

  • 20℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ