連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

生活情報 東播

  • 印刷

 神戸新聞厚生事業団、神戸新聞社は、12月に予定していた「播磨チャリティー美術展」(加古川市)を中止するとともに、来年からは、社会福祉協議会や障害者、福祉団体などに呼び掛け、新たなチャリティー美術展を目指すことにしました。

 昨年、歳末のチャリティーイベントとして親しんでいただいた「著名芸術家と名士作品展」(神戸市)と「姫路なべの会」をやめ、「播磨チャリティー美術展」に一本化しました。

 毎回、多くの芸術家や著名人から絵画、書、陶磁器などの提供をいただきましたが、美術市場の低迷、特に高額作品の販売が伸び悩み、近年、各会場とも収益の落ち込みが続いています。

 コロナ禍の中で、作品提供の依頼がはばかられることなどもあり、従来の運営を見直すことにしました。新たな美術展の内容が決まり次第、ご報告いたします。これまでのご協力に心より感謝申し上げます。

2020/9/8
1  2  >
 

天気(9月25日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 10%

  • 26℃
  • 20℃
  • 20%

  • 29℃
  • 20℃
  • 20%

  • 28℃
  • 20℃
  • 20%

お知らせ