連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
玄関の横に手洗い場を設けた吉永建設のモデルルーム=宝塚市安倉南4 リビングの小上がりに設けた在宅ワーク用の作業棚=宝塚市安倉南4
拡大

玄関の横に手洗い場を設けた吉永建設のモデルルーム=宝塚市安倉南4

リビングの小上がりに設けた在宅ワーク用の作業棚=宝塚市安倉南4

  • 玄関の横に手洗い場を設けた吉永建設のモデルルーム=宝塚市安倉南4
  • リビングの小上がりに設けた在宅ワーク用の作業棚=宝塚市安倉南4

玄関の横に手洗い場を設けた吉永建設のモデルルーム=宝塚市安倉南4 リビングの小上がりに設けた在宅ワーク用の作業棚=宝塚市安倉南4

玄関の横に手洗い場を設けた吉永建設のモデルルーム=宝塚市安倉南4

リビングの小上がりに設けた在宅ワーク用の作業棚=宝塚市安倉南4

  • 玄関の横に手洗い場を設けた吉永建設のモデルルーム=宝塚市安倉南4
  • リビングの小上がりに設けた在宅ワーク用の作業棚=宝塚市安倉南4

 新型コロナウイルス感染拡大で在宅ワークが普及するなど、自宅で過ごす時間が増えたことを受け、兵庫県内の不動産関連各社が「アフターコロナ」住宅の企画を進めている。新型コロナによる経済の先行き不安で住宅市場は低迷しているが、新たな生活様式に対応した物件で需要を掘り起こす。(中務庸子)

 JR中山寺駅から車で10分。北摂地域で注文住宅を手がける吉永建設(川西市)は、在宅勤務に対応する2階建てモデルハウスを9月中旬にオープンした。

 リビングがある1階を仕事場と想定し、畳敷きの小上がり空間に仕事机になるカウンターを設置。風呂場や洗濯スペースを2階に置く間取りを提案する。杉浦雅史統括・営業部長は「仕事と家事を切り分け、生活にメリハリをつけやすくした」と話す。

 不動産仲介のウィル(宝塚市)が川西市で開発中の一戸建て住宅は、家族で集えるテラスを設け、玄関にマスクなどを置く棚を取り付ける。今年の引き渡し数は、前年の2倍を見込む。神鋼不動産(神戸市中央区)は、神戸市北区で開発している約100戸の分譲地内に、テレワークスペースがある集会所を設ける計画だ。

 マンションでも、「ワコーレ」ブランドの和田興産(同)が年内に発売予定の物件で、共用部に24時間使える無人のジムを設け、トレーニング器具を並べるという。担当者は「気分転換や健康維持のニーズに応えたい」と話す。

 全国宅地建物取引業協会連合会(東京)によると、在宅勤務の拡大で郊外の一戸建てに注目が集まる一方、通勤に電車を使わない都心のマンションも人気が高まる可能性があるという。同会が7月に実施した近畿の市況調査では、取引件数が「下落している」が「上昇している」を大きく上回った。ただ、担当者は「4月調査に比べると改善傾向。コロナ後を意識した企画が全国的に活発になっている」と話している。

2020/9/25
1  2  3  4  5  >

天気(10月25日)

  • 20℃
  • 12℃
  • 0%

  • 20℃
  • 10℃
  • 10%

  • 20℃
  • 12℃
  • 10%

  • 22℃
  • 10℃
  • 10%

お知らせ