連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
風俗店が立ち並ぶ福原地区=神戸市兵庫区福原町 新型コロナウイルスへの対策を伝える看板を置く風俗店=神戸市兵庫区福原町
拡大

風俗店が立ち並ぶ福原地区=神戸市兵庫区福原町

新型コロナウイルスへの対策を伝える看板を置く風俗店=神戸市兵庫区福原町

  • 風俗店が立ち並ぶ福原地区=神戸市兵庫区福原町
  • 新型コロナウイルスへの対策を伝える看板を置く風俗店=神戸市兵庫区福原町

風俗店が立ち並ぶ福原地区=神戸市兵庫区福原町 新型コロナウイルスへの対策を伝える看板を置く風俗店=神戸市兵庫区福原町

風俗店が立ち並ぶ福原地区=神戸市兵庫区福原町

新型コロナウイルスへの対策を伝える看板を置く風俗店=神戸市兵庫区福原町

  • 風俗店が立ち並ぶ福原地区=神戸市兵庫区福原町
  • 新型コロナウイルスへの対策を伝える看板を置く風俗店=神戸市兵庫区福原町

 新型コロナウイルスの感染拡大の収束が見通せない中、兵庫県最大級の歓楽街、神戸・福原地区(神戸市兵庫区)も苦境にあえいでいる。経営者の一人は「1987年に神戸で起きた『エイズパニック』以上のダメージ」。売り上げが半減している店舗や、廃業に追い込まれた店舗も出ているといい、「先が見えず、お先は真っ暗だ」と頭を抱えている。(堀内達成)

 ソープランド59店舗でつくる「神戸特殊浴場協会」の男性役員(64)によると、福原地区がこれまでに最も逆境にさらされたのは、87年に起こったエイズパニック。神戸で国内初の日本人女性エイズ患者が確認され、女性が「売春をしていた」と報道された。

 その時の売り上げは7、8割減になったが、徐々に客足は回復した。男性は「コロナ禍は閑散とした状態が、もっと長く続くだろう」と嘆く。

 盆休みに向かうまでの7、8月は業界が忙しくなる時期だが、男性の店では「今年の売り上げは5割」という。いちげんの客が減り、常連客で何とか持っている状態だ。店の多くは賃貸で、経営者には「月100万~300万円のリース代がのしかかっている」。

 3月ごろには、数店を運営していた経営者が「規模縮小」という形で店を手放した。80年ごろから福原で働く男性は「高齢のため、別の経営者に店を譲ることはあっても、経営不振で閉めたケースは、エイズパニックの時以外に記憶にない」と驚く。

 また、緊急事態宣言を受け、協会は4月15日から5月末まで営業自粛を決めた。しかし、4店舗が「このままではつぶれてしまう」と、相次いで脱退を表明し、営業を継続。協会は「方針に従えないのなら」として除名にしたという。

 協会は会員店舗に体温計やマスク、消毒液を配布し、感染対策を講じていることを訴えるポスターも作製した。だが、一向に客は増えない。次の業界繁忙期は1、2月というが、男性は「この闘いはまだ続く。経費を節約し、耐えるしかない」と唇をかみしめた。

【1987年のエイズパニック】同年1月17日、厚生省(現厚生労働省)が「日本初の女性エイズ患者が、神戸で確認された」と発表した。女性は3日後に亡くなった。29歳だった女性についてマスコミが「売春をしていた」と伝え、「自分も感染したのでは」という相談が1週間で8千件を超えた。福原地区では、発表前年には750人いた従業員が発表2カ月後には400人ほどに減り、1日平均千人以上だった客も10分の1になった。

2020/10/3
1  2  3  4  5  >

天気(12月3日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 60%

  • 16℃
  • 7℃
  • 10%

  • 16℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ