連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷
兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5
拡大

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

兵庫県庁=神戸市中央区下山手通5

 新型コロナウイルスで苦境に立つ音楽や演劇など舞台芸術を支援しようと、兵庫県などが劇場や音楽ホールの利用料の助成を行っている。県内の公立、民間施設の利用者に、1日当たり50万円を上限に料金の半額を支援する。(藤井伸哉)

 政府や県は9月19日、演劇やバレエ、クラシック音楽のコンサートなど観客が大声を出さない5千人以下の催しについて、定員の制限を撤廃。ロックコンサートやライブハウスなど感染が懸念されるイベントは、従来通り定員の50%までの制限を維持している。

 県が政府による緊急事態宣言の発令を受け、劇場などへの休業要請に踏み切ったのは今年4月。その後、規制は徐々に緩和されたが、影響は大きく、舞台芸術界では存続や廃業が懸念される団体があるという。

 そこで、県などが県民会館や県立芸術文化センター、神戸文化ホールなど84施設102ホールについて利用料の助成を7月からスタート。音楽、演劇、舞踏、古典芸能、演芸などの12月までの公演とその練習が対象となっている。ガイドラインに基づく、感染防止対策の徹底が条件になる。

 対象施設に直接申し込む。県芸術文化協会TEL078・321・2002

2020/10/6
1  2  3  4  5  >

天気(12月3日)

  • 15℃
  • 9℃
  • 10%

  • 13℃
  • 7℃
  • 60%

  • 16℃
  • 7℃
  • 10%

  • 16℃
  • 6℃
  • 20%

お知らせ