連載・特集 連載・特集 プレミアムボックス

ニュース

  • 印刷

動画一覧へ
飲食店で会話する時の飛沫シミュレーション。隣の人に向かって話すと、正面の人の5倍以上の飛沫が届く(理研、豊橋技科大、神戸大提供) 飲食店で正面の人に向かって会話する時の飛沫シミュレーション(理研、豊橋技科大、神戸大提供) 湿度30%では飛沫がよく飛び(上)、湿度90%ではあまり飛ばずに机に落ちる(中央)という結果を説明する坪倉誠・理化学研究所チームリーダー/神戸大学教授=神戸市中央区港島南町7、理研・計算科学研究センター(撮影・吉田敦史) ホールで対策せず合唱する時の飛沫シミュレーション(神戸大、理研提供) 距離を取って合唱する時の飛沫シミュレーション。直接浴びるリスクは下がるが、密集時に体温によって発生する上昇気流が弱まり、直線的に飛ぶことが分かった(神戸大、理研提供)
拡大

飲食店で会話する時の飛沫シミュレーション。隣の人に向かって話すと、正面の人の5倍以上の飛沫が届く(理研、豊橋技科大、神戸大提供)

飲食店で正面の人に向かって会話する時の飛沫シミュレーション(理研、豊橋技科大、神戸大提供)

湿度30%では飛沫がよく飛び(上)、湿度90%ではあまり飛ばずに机に落ちる(中央)という結果を説明する坪倉誠・理化学研究所チームリーダー/神戸大学教授=神戸市中央区港島南町7、理研・計算科学研究センター(撮影・吉田敦史)

ホールで対策せず合唱する時の飛沫シミュレーション(神戸大、理研提供)

距離を取って合唱する時の飛沫シミュレーション。直接浴びるリスクは下がるが、密集時に体温によって発生する上昇気流が弱まり、直線的に飛ぶことが分かった(神戸大、理研提供)

  • 飲食店で会話する時の飛沫シミュレーション。隣の人に向かって話すと、正面の人の5倍以上の飛沫が届く(理研、豊橋技科大、神戸大提供)
  • 飲食店で正面の人に向かって会話する時の飛沫シミュレーション(理研、豊橋技科大、神戸大提供)
  • 湿度30%では飛沫がよく飛び(上)、湿度90%ではあまり飛ばずに机に落ちる(中央)という結果を説明する坪倉誠・理化学研究所チームリーダー/神戸大学教授=神戸市中央区港島南町7、理研・計算科学研究センター(撮影・吉田敦史)
  • ホールで対策せず合唱する時の飛沫シミュレーション(神戸大、理研提供)
  • 距離を取って合唱する時の飛沫シミュレーション。直接浴びるリスクは下がるが、密集時に体温によって発生する上昇気流が弱まり、直線的に飛ぶことが分かった(神戸大、理研提供)

飲食店で会話する時の飛沫シミュレーション。隣の人に向かって話すと、正面の人の5倍以上の飛沫が届く(理研、豊橋技科大、神戸大提供) 飲食店で正面の人に向かって会話する時の飛沫シミュレーション(理研、豊橋技科大、神戸大提供) 湿度30%では飛沫がよく飛び(上)、湿度90%ではあまり飛ばずに机に落ちる(中央)という結果を説明する坪倉誠・理化学研究所チームリーダー/神戸大学教授=神戸市中央区港島南町7、理研・計算科学研究センター(撮影・吉田敦史) ホールで対策せず合唱する時の飛沫シミュレーション(神戸大、理研提供) 距離を取って合唱する時の飛沫シミュレーション。直接浴びるリスクは下がるが、密集時に体温によって発生する上昇気流が弱まり、直線的に飛ぶことが分かった(神戸大、理研提供)

飲食店で会話する時の飛沫シミュレーション。隣の人に向かって話すと、正面の人の5倍以上の飛沫が届く(理研、豊橋技科大、神戸大提供)

飲食店で正面の人に向かって会話する時の飛沫シミュレーション(理研、豊橋技科大、神戸大提供)

湿度30%では飛沫がよく飛び(上)、湿度90%ではあまり飛ばずに机に落ちる(中央)という結果を説明する坪倉誠・理化学研究所チームリーダー/神戸大学教授=神戸市中央区港島南町7、理研・計算科学研究センター(撮影・吉田敦史)

ホールで対策せず合唱する時の飛沫シミュレーション(神戸大、理研提供)

距離を取って合唱する時の飛沫シミュレーション。直接浴びるリスクは下がるが、密集時に体温によって発生する上昇気流が弱まり、直線的に飛ぶことが分かった(神戸大、理研提供)

  • 飲食店で会話する時の飛沫シミュレーション。隣の人に向かって話すと、正面の人の5倍以上の飛沫が届く(理研、豊橋技科大、神戸大提供)
  • 飲食店で正面の人に向かって会話する時の飛沫シミュレーション(理研、豊橋技科大、神戸大提供)
  • 湿度30%では飛沫がよく飛び(上)、湿度90%ではあまり飛ばずに机に落ちる(中央)という結果を説明する坪倉誠・理化学研究所チームリーダー/神戸大学教授=神戸市中央区港島南町7、理研・計算科学研究センター(撮影・吉田敦史)
  • ホールで対策せず合唱する時の飛沫シミュレーション(神戸大、理研提供)
  • 距離を取って合唱する時の飛沫シミュレーション。直接浴びるリスクは下がるが、密集時に体温によって発生する上昇気流が弱まり、直線的に飛ぶことが分かった(神戸大、理研提供)

 理化学研究所(理研)などは13日、神戸・ポートアイランドのスーパーコンピューター「富岳」を使い、飲食店での会話や、大人数での合唱で飛沫がどのように飛散するかのシミュレーション(予測)をした研究結果を発表した。新型コロナウイルスに感染した人がいた場合、位置や人数、湿度などで変わる感染リスクを示した。飲食店では、隣席の人が最も飛沫を浴び、空気が乾燥するとエーロゾル(微粒子)化が進むことなどを明らかにした。(井川朋宏)

 予測は理研計算科学研究センターの坪倉誠チームリーダー(神戸大教授)らが取り組む。報告は6月、8月に続いて3回目。

 飲食店を想定したケースで、正面の人に話した場合に相手に届く飛沫数が5%程度だったのに比べ、隣の人に話すと5倍の25%超となった。斜め向かいの人は1%台にとどまった。

 オフィスで4人が机を囲む想定では、湿度90%ではせきをしても飛沫が机に落ちやすかった一方、前方の人に届く飛沫量は湿度が低いほど多かった。

 集団で合唱をするケースでは、それぞれ前後左右1メートル以上離れると、全員が密集するよりも飛沫が直接掛かるリスクは低下した。ただし、密集時に体温によって発生する上昇気流が、人が減ることで弱まり、飛沫が前方に広がりやすくなることも分かった。

 場面別の飛沫数は、せきを強く2度したときは3万個程度、会話は1分約900個、大声の歌は同約2500個だった。20分程度の会話、1曲5分程度の歌で、せき1回分と同等という。

 マスクの効果も検証した。鼻や口に入る飛沫数は3分の1程度に減らせるが、エーロゾルは非着用時と同様に、顔の隙間からのどの奥まで届くという。フェースシールドも大きな飛沫を防げるが、エーロゾルは隙間から入りやすいという。

2020/10/13
1  2  3  4  5  >

天気(11月28日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 80%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 14℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ